赤みの強い日本人の髪では流行のアッシュやマットはできないのか。

やはり多いこの系統の色のオーダー。

ヘアカラーはどんどん希望にそえるようなりました。

 

最近多い、ヘアカラーオーダーは…

『アッシュ、マット』ですよね。

なかなか難しいオーダー。

日本人の髪にはできないという思いもあった。

日本人の髪は赤みが強く、オレンジや赤が残り『アッシュやマット』になりにくい。

もちろん、赤みを削る工程が必要になってきます。

何回も同じカラーを重ねたり、ブリーチなどを使い一回明るくしたりして、時間をかけてやっと出せるカラーと認識していました。

しかし、ここまでニーズがあるのであればなんとか応えてあげたい。

もちろん、時間をかけずに…

“できる”と”知っている”はマストに。

なぜ、ここまで人気が出てきたのか。

実は、流行る色は決められています。

それを巷に広まる前にファション雑誌、モデルさん、美容師さんたちが一般向けに流行りを広めている傾向にあります。

もし、ニーズがなくても『できる』『知っている』はマストとして考えていきたい。

赤みの残る髪から緑へ。

image54

根元…1.5cm

中間…やや赤みが残ってる

毛先…黄色

今までは一回、毛先に合わせてカラーして流してから緑や青をドンってな感じでしたが…

今回はトーンダウンだったのでワンメイク。

一回でカラーしました。

明るくするのであれば二回カラーします。

image53

強烈な緑になりましたね。

『みどり、ミドリ、緑』にしてくれとオーダーがありましたのでとにかくわかるように濃い緑をドン。

髪の状態を判別し時間別にカラー剤の塗布を

行いこの仕上がりに。

image55

お客様の”やりたい”に応えたい。

薬剤が変化し、技術も変化すれば対応できる事はたくさんあるのだなと…

もっと柔軟に『やりたい』の気持ちを裏切らないように幅を広げていきます。

(髪の状態、未来を見据えたスタイルへの遠回りの場合は”できません”とちゃんと説明して伝えさせていただきます。そして、濃い色出しのカラーの場合はパーマと併用はしません。)

 

こちらにも沢山の美容情報を書かせていただいてます。

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします